あけび 綱代編み 小判 かご 

  • ¥33,000(+TAX)
  • (+TAX)

江戸時代後期から野沢温泉村周辺にて、つくられてきた伝統工芸品であるあけび蔓細工。
毎年10月から11月に採取されるあけび蔓は、手入れの後に、編むかごの種類により蔓を選別し、野沢温泉村の30余りある源泉のひとつ、麻釜の70度ほどの丸釜に浸し、柔らかくしてから職人の手により丁寧に編み上げられています。
その美しい佇まい、弾力性に富み、丈夫で、自然そのままの風合いが味わえるあけび蔓のかごは、使い込み年月が経つほど味わい深さを増していきます。


サイズ
約28×H20.5cm 持ち手14cm

※手作りの為、サイズや色合いデザインには個体差がございます。サイズ表記は目安としてお買い求めください。

素材の性質上、黒ずみ・割れ・ささくれ・とげ等がある場合がございます。不良品ではございませんのでご了承下さい。

※こちらの商品につきましては、ご注文をいただいた後、在庫を確認しましてご注文の確定メールをお送りさせて頂きます。店頭での販売もしておりますので、タイムラグによっては在庫切れとなる場合もございます。ご了承をお願いいたします。